平日:
8:40~12:30/16:30~19:45
土曜:
8:40~12:30 休診日:日・祝

まずはここから

ブログ

ブログ

クライシスペイン

2019年10月26日

🤓クライシスペインの正体??

 

 

いきなりですが、この聞きなれない語感・・

 

 

どんな痛みなのか、イメージできますか?

 

 

レッドフラッグがはげしくふられ、

身体に重大な病気が隠されているという警告信号なのでしょうか?

 

 

 

『ううっ、痛いっっ!!』

 

七転八倒して泣き叫ぶ、強力な痛みなのでしょうか?

 

 

 

🤔あるある風景・・(ある日の診察室)

 

さっきまでのにこやかな表情は消え去り

 

目を固く閉じ、歯を食いしばり

ベッドに横たわるクライアント。

 

 

身体はプルプル震え、すでに声が漏れています。

 

 

うん?

 

でもまだ・・膝の注射していないんだけどなぁ・・

 

 

彼女は、

 

どんな過去の記憶を観ているんだろう?

どんな過去の痛みを感じているんだろう?

 

 

 

 

痛みとは、実質的または潜在的な組織損傷に結びつく、あるいはこのような損傷を表す言葉を使って述べられる不快な感覚・情動体験である。

 

定義の注釈として・・

 

痛みは常に主観的であり、客観的な尺度・物差しはない。そして個人は、子供の頃からの体験を通じて痛みをどう表現するか学んでいる

1979年 国際疼痛学会

 

 

この定義・注釈は整形外科や理学療法士には少しわかりにくい。

 

 

でも間違いなく痛みの本質をうまく表現できています。

 

 

そう・・

 

 

 

 

😳痛み表現は、あくまでも個別体験であり、

 個人の記憶現象であるということです。

 

 

 

 

痛みは記憶現象

 

 

このことにひらめき腑に落ちるまで

 

私たち痛みに携わる臨床家はスキルを磨きましょう。。

 

 

ちなみに

 

間違いなく、私は・・

 

 

 

 

小雪さまにつねられても痛くない!!

TOPへ

ぴちっ