平日:
8:40~12:30/16:30~19:45
土曜:
8:40~12:30 休診日:日・祝

まずはここから

  腕・肘が痛い

腕・肘が痛い

腕・肘の症状腕・肘の症状

症状

常に動かすことが出来ないほどの痛みがある
痛いほうの腕が腫れている
痛いほうの腕を動かすと痛みが強くなる
慢性的に痛みがある
物を持ち上げたら痛みが出る

代表的な疾患

腕の疾患

上腕骨近位端骨折

症状:上腕骨の近位部に発生する骨折です。交通事故などの外傷によっておこることもありますが、骨粗鬆症に関連して高齢者に多く発生します。

治療:程度がひどい場合は手術が選択されますが、多くの場合は保存療法が選択されます。保存療法では三角巾などによって安静にして骨の状態に合わせて、リハビリを行っていきます。

胸郭出口症候群

症状:腕の運動などをつかさどる神経や血管の圧迫によって生じます。神経の圧迫によって運動障害やしびれ・疼痛などの神経症状が出ることがあります。また、血管の圧迫によって感覚障害などを起こすこともあります。

治療:基本的に保存的な治療と予防が中心となります。重量物の運搬など強い不可を避け、ストレッチや消炎鎮痛薬の処方などによって治療を行っていきます。
また、圧迫の程度がひどい場合には手術が選択される場合もあります。

肘の疾患

テニス肘

症状:中高年のテニスの愛好家に多く、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じる。基本的に安静時に痛みが出現することはなく、物をつかんで持ち上げる動作やぞうきんを絞るような動作で痛みが生じることが多い。

治療:保存療法を行うことが多い。消炎鎮痛薬の処方を行い安静にすることやステロイド・局所麻酔などの注射を行うこととともにストレッチなどを行っていきます。

野球肘

症状:成長期などの若年期に、ボールをたくさん投げるなどによって肘への負荷が過剰になることによって起こります。
投球時、投球後などに肘が痛くなります。悪化してくると肘の伸びがわるくなった、曲がりが悪くなったなどの症状が出る場合があります。

治療:安静が第一となります。痛みを我慢しての投球などは悪化の要因となります。悪化がひどくなると手術が必要となる場合もあります。安静にした後には再発予防やストレッチの指導などのリハビリを行う場合もあります。

当院の診療方法

診断

診断

まず、問診によって、疼痛の発生時期、症状の部位、神経症状の有無、既往歴、安静時痛の有無、職種、趣味等様々なことを確認していきます。その結果より疼痛の原因や疾患名を予測していきます。可動域制限のある方向や疼痛を誘発する動作、筋力低下、神経症状、レントゲン所見などを確認し障害部位や原因などを調査します。そして、その原因や疾患から今後の治療方針やMRIを撮るなど決めていきます。

治療方針

治療方針

安静期間などの設定や必要な場合は装具の処置やギブス固定等をして対応していきます。また、疼痛が強い場合には消炎鎮痛剤・湿布などの処置の他、ヒアルロン酸・ステロイド剤の注射、物理療法の処方や通院リハビリテーションを行っていきます。

リハビリテーション

リハビリテーション

疼痛が強い場合は消炎鎮痛処理なども含めた除痛が基本となってきます。その後不良姿勢の矯正などを行い運動が行いやすいように調整していきます。
併行して可動域訓練や筋力強化も行っていき、その人の生活で困ることを改善できるよう努めていきます。また、これらについては継続して行うことが何よりも重要となっていくため自身で行うセルフケアの方法の指導なども行っていきます。また、ご本人様の継続した積極的な通院が重要となってきます。

TOPへ

ぴちっ